怪傑 出会いはいつも、必要必然と言うけれど
2人との出会いは
私にとって、とても大きなものとなった。

海を見つけたときの戦慄は
今も鮮明に覚えている。

海を通じ山を知り

いつもくっ付いて行ってた。
まるで子犬がじゃれるように。

山と海
そう呼んでいた2人を融合させたのは
もう4年前。

時々ここへ来て当時を思い出し
笑ったり泣いたり
きっといつも素で居られた
この2人の前では。

ありがとう


追伸
写真提供moon shiner
写真に五行を感じた。
美しいより宇宙的。
宙が海と山に息吹を与えた。
安藤由人 山を見るたび
masaを思い出した。

必ず復活するを信じ
半ば諦めつつ諦めきれずに
ただmasaを残したくて
復元させたのが3年前。

その1年後
「色が色であるために」が校了した。

「色が色である為に」は
masaを求めmasaを連れてきて
masaのところへ帰っていった

「色が色であるために」masaの全て
幻声 何故作ったのか
今はもう思い出せない。

毎日何かを訴えてくる
老人達
振り切って逃げ出したい時もある。
どうにかならんのか
どうにかと
そればかり思っていた日々。

今は初心的に
時々自分に叱責する為に
見るだけとなった。


追伸
写真提供;吟弘
この人の俳句を始めてみた時
私は逃げ出した。
もし目の前に居たら
間違いなく目を合わせられなかっただろう。

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー